日曜クラブ4月実践記

昨日は日曜クラブの4月定例会で、「10年後の私を見つめてみる」という実習に取り組みました。

自身が学んだこと、気づいたこととして


・参加者の中に、自分がなぜこの生を受けたのかという意味を問う人が複数いて、こうした問いを持って生きている人が結構おられるのだなと感じたこと


・自分自身は10年後に向けて、よりシンプルに、「いまここ」のかかわりによる生成・変化・創造のようなものを大切にしたいと思っていること


・自分自身を深く見つめるこうした作業は、やはり一人ではしにくいが、話を聞いてくれる人、共に取り組んでくれる人がいると可能になること


に気づきました。


参加者の皆様のお陰で、楽しくでもとても深いかかわりが生まれる場になったように感じています。

ありがとうございました。

お問い合わせ