リフレクション実践勉強会(オンライン)

リフレクション実践勉強会は、リフレクションに関心を持つを人同士が、リフレクションの実践を支援しあう場です。定期的に集い、互いに話し、聴きあうことで、それぞれの持ち場で体験したことをふりかえって、気づき学びを得ていきます。

<開催要項(2021年度9月期)>

テーマ    リフレクションの相互支援

次回日時   2021年9月12日(日)

       13時半〜16時から16時半くらいまで

       (開催頻度は2ヶ月に一度程度の予定)

使用ソフト  zoom

注:zoomを過去に使ったことのない方はこちらをご覧ください。

参加費    無料

参加について 

リフレクション基礎講座やリフレクション研修などでリフレクション(体験と学び)の基礎概念と方法を学んだ方を対象にしています(ご不明な場合お問い合わせください)

進行     体験と学びの会 博野英二

 

お問い合わせは以下のフォームからお願いいたします。

(うまくフォームが使えない場合は、hirono@maholo-ba.jpまでメールお申し込みください)

 

メモ: * は入力必須項目です

<プログラム>

 リフレクションの相互支援

 

・リフレクションに関心を持ち、基礎を学んだ人同士で、定期的にリフレクションの実践と支援をしていきます。

 

・こうした実習を中心にしながら、進行を担う博野の方から、リフレクションに関する考え方やリフレクションを助けてくれる方法について共有していきます。

<実践勉強会の特色>

・定期的な継続学習の場

この実践勉強会は定期的にリフレクションを支援しあう場です。継続的に取り組むことで、リフレクションに慣れ、よりよく気づき学びを得ることができます。またリフレクションを助けてくれる考え方や方法もさらに学ぶことが可能です。

 

・リフレクションに関心を持つ仲間と支え合う

 

リフレクションを支援しあうためには、”今ここ”で起きる気持ちや想い、身体の感じをわかちある関係が必要です。この実践勉強会ではリフレクションに関心を持ち学びを進める仲間と実践を支え合います。

 

・オンラインワークショップ

当面、新型コロナウィルスの感染が収束するまではオンラインで行います。web会議システムの機能を使って2人〜3人で丁寧に話をすることが可能です。

 

 

・守られた非日常の場での実践

職場や家庭、学校、病院など日常の関わりや利害関係から離れたとことで学べます。日頃の固定的な関係性では難しいことも安心してリフレクションできます。

 (個人情報や話されたことを外に出さないよう相互に約束します)

 

<こんな方におすすめします>

・リフレクションの学びを深めたい方に

リフレクションはやってみると意外に奥が深い学び方です。何回も実践を重ね、学び方を検討する中でより深い学びが可能になると思います。

 

・リフレクションが必要な状況に置かれている方に

自分の中にいろいろな気持ちや思い、感じが湧いてくるような状況(病や失業、転機・・)においてはリフレクションを定期的に相互支援することは助けになるでしょう。

 

・定期的に気持ちや頭を整理したい人に

 

リフレクションを実践することにより、頭や気持ちを整理することができます。それによって自分や人を大切にした人との関わりが可能になるでしょう。

 

 

・対人援助をしておられる方に

人と関わる中で生まれてくる自分の気持ちや思い、感じを手掛かりにリフレクションを行うことで、より良い人との関わりを探ることが可能になります。

 

・人を育てる役割を持つ方に

仕事や家庭で人を育てる役割を担っている方には、体験から学び自分らしく成長するプロセスやリフレクション支援の方法を知っていただければと思います。

<参考 リフレクションにおける相互支援の必要性>

リフレクション(内省)とは自分の体験をふりかえり、そこから気づきや学びを得ていく「学び方」です。リフレクションは特に次のような場面で役立つことと思います。

 

リフレクション(体験と学び)はこちら

<リフレクションをやってみることの重要性>

 

 

このリフレクションで大切なのは、リフレクションという学びがどのように生まれるかを実体験してみることです。

 

このためには体験から学ぶ過程(体験学習のサイクル)を自分自身が体験的に歩んでみることが必要となります。

 

 

<リフレクションを支援しあう重要性>

またリフレクションには右のようなハードルがあるので、一人で乗り越えることは難しい時もあります。

 

この際、話をしっかり聴き、感じたことを伝えてくれ、時に背中を押してくれるような支援があると、私たちはこのリフレクションのハードルを乗り越えやすくなります。